Menu

基本的な不妊治療の流れ

  • タイミング療法
    (3ヶ月~6ヶ月間)

    検査により排卵の時期を予測し、医師から性交のタイミングを伝えます。
    内田クリニックでは約半数のご夫妻がタイミング療法によって妊娠されています。

  • 排卵誘発剤と
    タイミング療法
    (3ヵ月~1年間)

    排卵誘発剤には内服と注射があります。原則として、3周期の治療後には治療をお休みする周期をつくります。
    ※使用時にはご夫妻の同意書が必要です。

  • 人工授精
    (3ヵ月~1年間)

    人工授精は子宮内に精子を注入する方法です。自然周期、内服や注射の排卵誘発剤との併用など治療方法は様々です。
    ※ご夫妻の同意書が必要です。

  • 高度生殖補助医療

    体外受精・顕微授精・凍結融解胚移植
    ※ご夫妻の同意書が必要です。

※治療の流れは、ご夫妻の年齢・問題点また治療歴やご夫妻の治療方針などで変わります。


先進医療

先進医療とは、自費診療でありながら保険診療との併用が認められた治療です。
自費のため、高額療養費制度の対象にはなりませんが、自治体の助成の対象となります。
先進医療は、申請を行い受理された保険医療機関のみで認められ、保険医療機関は定期的な報告が求められます。
内田クリニックでは以下の先進医療が可能です。

  • PICSI

    成熟した精子のみがもつヒアルロン酸に付着する性質を利用した精子選別方法です。

  • SEET法

    胚移植の前に、子宮腔内に胚培養液を注入し、子宮内膜を刺激します。

  • 二段階胚移植

    一度の周期に時期をずらして、2回の胚移植を行います。

  • タイムラプス

    培養器内の胚の様子を定位置で一定間隔撮影し、分割の様子を記録します。

  • 子宮内細菌叢検査

    EMMA・ALICE検査、子宮内フローラ検査の2種が可能です。

  • 子宮内膜受容能検査

    ERA検査を行います。


治療費

※只今準備中です。

内田クリニック -島根県松江市 婦人科・内科胃腸科-