生殖医療に関する安全管理のための指針

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題であり、患者様に対する安全な医療の提供は医療の基本となるものです。当院およびスタッフ個人が、医療安全の必要性・重要性を施設および自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り、安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要であると考えています。また、患者様の協力なくして医療は成立しないと考えております。

当院は本指針から、医療安全管理体制を確立し、安全な医療活動を行っていくための留意事項をまとめましたので報告します。

1)日常業務における安全管理の留意点

医療安全の管理体制をとっています。
安全管理のための院内報告制度を設けています。
事故報告については、医療に係る安全確保を目的とした改善のための対策を講じています。
全ての症例ごとに記録を残しています。
生殖補助医療の実施においてはダブルチェックを行える体制を整えています。

2)患者様の理解を深める

時間をかけて、治療内容の説明を行っています。
説明に用いる資料の提供を行っています。
生殖補助医療においては、各治療内容に伴う同意書の提出をお願いしています。

3)スタッフの継続的な教育

定期的に安全管理のための研修会を行っています。
ミーティングによる治療方針などの意志統一を行っています。
データ集積と統計資料作成を行っています。
学会資格取得と学会参加を積極的に行っています。

4)基本マニュアルの整備

安全管理のために作業安全管理マニュアルを策定しています。
人工授精および体外受精マニュアルを策定しています。