Q&A

妊娠しやすい体作りや食べ物はありませんか? 日常生活で注意することはありますか?

妊娠しやすい体作りや食べ物は基本的にはありませんが、健康的な体作りのために、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。喫煙は生殖機能を脅かす可能性があります。安全で健康な妊娠生活のためにも禁煙は必要です。健康補助食品やサプリメントについては、基本的に問題はありませんが、女性ホルモンに影響する可能性があるものなどもありますので、使用前に医師にご相談ください。

精子をためすぎると奇形が増えますか?

禁欲期間が長すぎると正常な運動精子が少なくなる可能性があり、奇形精子(形態の異常・DNAの異常)が増える可能性も高くなるといわれています。また、精子の運動率が低下すると妊娠の可能性も低くなると考えられています。当院では3~5日間の禁欲期間を適当としています。

Day3 ET(胚移植)とDay5 (Day6) ETの違いは?

Day3 ETとは採卵日を0日目とし、正常に受精して分割胚まで進んだ初期胚を子宮に戻すことです。またDay5(Day6) ETは胚盤胞移植といわれていて、胚盤胞まで発育した胚を子宮に戻すことです。当院では基本的に初回ARTの方を対象にDay3 ETを行っています。受精が確認できれば胚移植を行えますので、移植ができない事はほとんどありません。ただし、妊娠に至る胚であるかどうかの判断は難しい場合があります。Day5(Day6) ETはDay3 ETで妊娠に至らなかった方を対象に、胚が胚盤胞まで育つことを確認して行います。胚盤胞まで発育する胚は生命力のある良好な胚と考えられるので、妊娠する可能性が高いということになります。しかし、複数の初期胚の培養をすすめても、およそ半数の胚が分割途中で発育が止まるとされています。胚盤胞まで全く発育しない場合もありますので胚移植ができないこともあります。

精液検査で異常がありました。運動精子数がどの位あれば、人工授精での妊娠が期待できますか。

人工授精において、500万以上の運動精子を用いた場合には一定の妊娠率が得られます。500万以下では妊娠率は顕著に低下します。