診療の進め方-卵巣予備機能検査

AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査

AMH(抗ミュラー管ホルモン)は発育過程にある卵胞から分泌 されるホルモンで、年齢とともに発育卵胞数は減少し血液中の AMH濃度も減少します。
AMHを測定することで卵巣予備能力(卵巣が卵子を作る力)を知る指標になり、排卵誘発剤の使用方法や治療を選択する場合は AMH測定値を参考にしています。

※原則として月経6日以内の採血検査となります。

戻る