診療の進め方-抗精子抗体検査

精子不動化抗体

不妊症と関連が深い抗体の1つである精子不動化抗体は、原因不明不妊症の約13%〜15%に認められます。
この抗体は、なんらかの原因で女性のなかに作られてしまい、精子はこの抗体を持つ女性のなかでは 動きをなくしてしまうとされています。精子の運動能は妊娠成立への重要なポイントの 1つになります。精子不動化抗体は不妊の原因としてさほど高率(他に原因のある場合には)ではありませんが、精子不動化抗体が認められる 場合には、決定的な問題点になる場合がありますので検査としては欠くことができません。

戻る