診療の進め方-クラミジア検査

クラミジア検査

近年、話題になっている細菌感染の1つです。この細菌の感染が不妊症の原因になる場合があるとされています。性行為((SEX)により感染する可能性が高いとされていますが、AIDS(エイズ)のように治らなくて、命にまで問題を引き起こすような細菌ではありません。その反面、症状が出にくく、お腹のなかで長期間にわたって悪さをすることがあり、そのことが不妊症との関連として考えられています。当院では初診時にはこの検査をスクリーニングとして行っており、潜在的な感染症をチェックするようにしています。

★クラミジア抗体検査

以上の検査は、初診時の基本検査としていますが、通院が長期にわたる場合には、年一回実施しています。

治療内容によっては、その都度実施している項目もあります。

戻る