診療の進め方-感染症の検査

感染症の検査

感染症という言葉は耳なれないかも知れませんが、手術を行う場合などには必ず行っている検査です。血液や体液を通じて移る(感染する)可能性のある問題点を見つけていく検査です。一般健康状態検査と同様に、妊娠成立、出産に際しても問題になる場合がありますが、診察を行う際に他の患者さんに感染することを予防する目的も含まれています(医療による感染予防)。これらの検査は、一般的な健康診断や人間ドックでは通常行われていません。したがって、代用できるものはないかも知れません。血液の検査で判断します。

★肝炎(B型及びC型)ウイルスの有無
★梅毒の有無

戻る