診療の進め方-不妊基本検査-経腟超音波検査

経腟超音波検査とは

腟内に親指ほどの太さの超音波診断装置のプローブを挿入し、子宮や卵巣の状態をモニターに映し出す検査です。
不妊症の検査としては排卵日を正しく測定するために卵巣内の卵胞の数や大きさを調べます。この検査は卵胞の発育状態を正しく判断することに必要です。
またこの超音波検査では子宮内膜の状態を見ることができ、受精卵が着床する環境が整っているか判断します。

戻る