診療の進め方-不妊基本検査-性交後検査

性交後検査とは

フーナーテストとも呼ばれ、精子の子宮内への進入状態を調べる検査です。排卵時期の前夜または当日の朝性交をもち、午前中に受診していただいて子宮頚管粘液を少量採取し、頚管粘液中に精子がいるか運動性はどうかなど顕微鏡で観察します。
その結果で精子が子宮の中に進入しているかを推定することができます。性交後2~3時間後の検査が望ましいのですが、12時間以内での検査で判定も可能です。

結果が不良の場合には、精液所見の異常、検査時期と排卵のずれやクロミッド使用などによる頚管粘液所見の不良、性交障害なども考えられます。また、精液検査で精子数や運動率に異常がないにもかかわらず性交後検査の結果が不良の場合は、抗精子抗体の検査が必要です。
排卵時期以外では腟内は分泌物が酸性で頚管粘液の増加もないため、活動精子が認められなくても異常ではありません。

性交後検査の判定基準

(400倍視野あたりの運動精子数で判定)

15個以上…妊娠率が有意に高い
10~14個…妊娠は十分に期待できる
5 ~ 9個…妊娠は期待できる
4個以下…妊娠率は有意に低い

戻る