診療の進め方-不妊基本検査-基礎体温の測定

基礎体温とは、朝起床時に安静な状態で舌下に婦人体温計を入れて測定した体温です。

基礎体温でわかること

  • 排卵の有無がわかる
  • 毎月のパターンから排卵日が予測できる
  • 黄体機能不全の有無がわかる
  • 不正出血の原因を推測することができる

  1. 毎朝、起床時すぐ(起き上がる前)に口の中(舌下)で検温して下さい(電子体温計はピピと鳴るまで)。数値は上記のように記入し、折れ線グラフにして下さい。
  2. 毎朝大体同じ時刻に検温をして下さい。睡眠時間が平常より短い、起床時間が極端に違う時は、備考欄に記載して下さい。不規則なお仕事をされている方は4時間以上の睡眠時間があれば、起床時間が違っても問題ありません。
  3. 上記の例にならって、月経周期は必ず記載してください。また、月経・不正出血・帯下・腹痛・性交なども記載して下さい。

※基礎体温表中の月経周期というのは、月経の始まった日を第1日として次の月経が始まる前日までの期間をいいます。

<婦人科体温計について>

婦人科体温計は一般的な体温計と違い、基礎体温の微妙な変化を測定することができます。
小数点第2位つまり0.00の位まで測定ができます。一般的な体温計で正確な体温を測定することは難しいとされています。
最近の電子体温計は予測値として測定値を出すので、数値のバラつきがはげしいことがありますが、必ず記入して折れ線グラフにしてみてください。グラフにすることで、全体を把握することができます。

戻る